糖質.COM

糖質制限でダイエットをするための実践情報サイト

糖質摂取に優先度をつけて食生活の満足度をUPする方法

   

今回は糖質制限をしながらも食生活の満足度をUPするためのヒント、コツを紹介したいと思います。

 

大体誰でも1つぐらいは糖質を含む大好物があると思いますが、これを継続的に我慢していると精神的にツライです。長期間継続するためには我慢とストレスはよくありません。これを排除するために大事になってくるのが、糖質摂取に優先度を付け、それに従って糖質摂取のプランをつくることで有効に糖質制限を行うことです。

 

SPONSORED LINK

糖質優先度ランキングをつくる

例えばビールは糖質が多く含まれているお酒なので、糖質制限をしている人にとってはNGです。ただし、わたしを含め酒好きの人にとってはビールを全く飲めないのはツライ。ですので、たまには飲みたいビールの優先度は高くなります。「アイスクリームを食べるぐらいなら、その分の糖質摂取はビールに充てる」という感じです。

 

同様に

・ラーメンが大好きな人であれば週に1回のラーメンは食べる代わりに、それ以外の炭水化物は食べない

・甘いモノが好きな人はときどきケーキを食べる代わりに、ビールや日本酒は一切飲まない

 

などのルールを決めることで食生活の満足度を下げることなくメリハリのある糖質制限を継続することが出来ます。例えば、わたしなら糖質の優先度No.1はビールになります。言い換えると、摂れる糖質量に制限があるならば、わたしはご飯やケーキ、果物よりもビールでそれを消費したいという嗜好を持っています。

 

ランキングに従って糖質摂取プランをつくる

わたしもまだそこまで至ってはいないですが、最終的には一週間などの期間で切って糖質摂取量を想定しておけば、どのタイミングでどの糖質を摂るか管理することも出来ます。

 

例えば

・週末の午後にビールを飲むためには、平日にどれぐらい糖質を制限しておけばいいのか

 

といった形で逆算して糖質の摂取プランをつくっていくことが出来ます。週末の夜のビールを楽しみにしつつ、平日は朝から厳しく糖質を制限したりと、やり方が変わってくるはずです。実際、わたしは以前朝食は糖質を制限せずにパンやシリアルを食べていたんですが、徐々にこの朝食の糖質摂取は「もったいない」と感じるようになりました。

 

「摂ってもいい糖質量に制限があるのに、なぜそんなに好きでもないパンやシリアルに一定の量を割り当てているのか」という疑問が生まれ、結局全ての食事で炭水化物を摂らないスーパー糖質制限を行う代わりに、土日の夜はビールを飲んでもOKというように自分ルールを変えました。

 

このように、糖質摂取における優先度を考えなおすことで、より満足度の高いプランを作ることが出来ます。これは個人の嗜好によりますので、自分の胸に手を当ててよく考えてみることをオススメします。

 - 糖質量 ランキング ,

Adsense 336px

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

vege
葉物野菜の糖質量

糖質制限では、根菜以外の野菜には基本的に制限がありません。制限がない=糖質が少な …

milk
乳製品の糖質量ランキング

恒例の(?)糖質量ランキング、今回は乳製品です。牛乳やヨーグルト、チーズ、クリー …