糖質.COM

糖質制限でダイエットをするための実践情報サイト

人類は糖質に適応しているのか

   

夏井陸氏の糖質制限に関する著作「炭水化物が人類を滅ぼす」は、強烈なタイトルで話題になりました。この本はわたしも読み、糖質制限の本の中でもお気に入りの一冊ですが、ネットでこんな記事を見つけました。

「炭水化物」は人類の敵なのか、味方なのか | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

 

 

SPONSORED LINK

人類は糖質に適応しているのか

糖質制限の前提である「人類の身体は原始時代から大きく変わっていない」という点への反論として、記事の中である研究者のこんな意見を紹介しています。

日本人の多くは牛乳を飲みすぎるとお腹を壊すが、これは乳に含まれるラクトースを分解するラクターゼという酵素が大人になるとなくなってしまうからだ。

しかし、ヨーロッパやアフリカの一部の人々は、大人になってもラクターゼの働きが持続する。その割合が高い地域は牧畜が始まった地域に集まっており、人類は数千年の間に牛乳を飲めるように進化したのだ。

(中略)

高地に住むチベット人は、高山病にならないように数千年かけて独自の遺伝子に変化をしてきたことがわかっている。体のつくりを変えるような大がかりな進化は長い時間がかかるが、小さな変化は短時間でいつも起きている、というのだ。

記事で言われているように、確かに人間の身体の原始時代から全く変わっていないとは言えないかもしれません。しかし、現代の大量の糖質摂取に現代人の身体が適応しているとは言えないと思います。それは増え続ける肥満や、関連する糖尿病などの病気の増加を見ても明らかです。

 

個人的には「炭水化物は敵」というほど過激ではないにせよ、現代人にとっては必要ないものという認識をしています。もちろん、普段から運動量の多い人は大量に摂っても大した問題にはならないかもしれませんが、少なくとも毎日デスクワークをこなす普通のサラリーマンにとっては食べ過ぎれば不健康をもたらす毒になりえると思います。

 

 - 糖質制限 危険 ,

Adsense 336px

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

mustle
「糖質制限で筋力が低下する」は本当か

糖質制限に関するこんな記事を見つけました。 糖質制限vs脂質制限。どっちのほうが …

doctors
タンパク質の過剰摂取の危険性

糖質制限は本当に安全なのか。これは糖質制限を始める前にほとんどの人が考えたことの …

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
糖質制限の安全性のエビデンス

糖質制限食は安全なのか?というのは色々なところで目にする疑問であり、糖質制限を始 …

genmai
「スローカロリー研究会」が怪しい理由

気になる糖質制限に関する記事を見つけたので紹介します。 “スローカロリー”って何 …